抗生物質の効果も期待できるプロポリス

プロポリスはミツバチが樹木から樹液や新芽、つぼみ等と自らの分泌物とを混ぜ合わせて作成した希少な物質で天然の抗生物質ともいわれています。
その量は年間たった50~150g。(参考までにハチミツは100kg程採れるそうです。)

ミツバチはプロポリスを自らの巣に使用し、無菌状態に保つ事で、病気から身を守り約4000万年以上も前からこれまで絶滅せずに生存してこられました。
プロポリスには抗菌・殺菌・抗ウイルス作用があり、その主成分であるフラボノイドには血行促進作用や、神経を安定させる作用があります。
これらの事からも、風邪やインフルエンザの予防、発症時の早期回復、肌荒れ防止等様々な効果が期待されています。

また、ガン細胞の増殖を抑制する効果があるという事が報告されています。
実際の治療では抗がん剤による副作用があるのですが、プロポリスには副作用がない事と、がん細胞以外の細胞の増殖を抑制する事がない事が注目されています。
また、人間だけでなくペットにも塗布すればアレルギー性皮膚炎に効き、飲用すると歯周病やウイルス性の呼吸器系の疾患等様々な効果があります。
プロポリスが抗生物質としての効果http://www.mcloonesatfavorites.com/kougannsayou.htmlが期待できるという報告がかなりあります。
しかし、薬としては認可されていないので健康食品であるのが実情です。