プロポリスは産前産後に譲れない

産前産後には、急激なホルモンバランスの乱れによる体調不良を起こしやすくなっています。
しかし、体内や授乳中の赤ちゃんへの影響を考えると、抗生物質が服用できません。
そこで、副作用がない天然の抗生物質である「プロポリス」を飲用し病気の予防や早期回復を促します。

また、産前産後における免疫力低下にも、「プロポリス」の主成分であるフラボノイドの作用によって、対応できます。
豊富な栄養分を含み血行促進作用があるので基礎体力がつき、免疫力が高まり病気になりにくくなります。
中には妊娠中あるいは授乳中に「プロポリス」を飲用する事は良くないとの意見もあります。
これは、妊娠中や授乳中でも安心であるといった臨床データがないので、控えた方が良いのでは。と言われています。

「プロポリス」はカプセルタイプや錠剤タイプまた、キャンディーや歯磨き粉といった様々なタイプのものが薬局やドラッグストア等で手軽に入手する事が出来ます。
産前産後には、自分自身の美容と、自分と赤ちゃんの健康の為に、「プロポリス」を効果的に利用してください。
但し、稀にアレルギー反応が起きてしまう事があるので、アレルギー体質の方は医師の相談を受けてください。
アレルギー体質でなくとも飲用中に、かゆみや発疹等の反応が出た場合はすぐに飲用を中止して、病院に行ってください。